BLANCO 原宿

日色 健人
/ Hiro Kento
初めてお客様としてBLANCOに足を運んだ帰り“来年は自分はここで美容師をしている”と根拠のない自信で溢れていました。
今考えると、このサロンにしかない空気感や、スタッフの輝く姿が自分の気持ちを
奮い立たせたのかなと感じています。「BLANCOの看板になること」これは入社した時から
変わらない夢のひとつです。そのために目の前の役割であるメインアシスタントとして、
精一杯やりきり、沢山の技術を吸収しています。特にメイクの可能性を感じ、
サロンワークは勿論、クリエイティブワークまで、トータルで美しさを表現できるデザイナーへの道を邁進していきます。